4ぐるナイ4

2009年4月から

放送時間木曜日19:58-20:54

19:56-20:545658分

放送期間2009年4月9日-

特記事項

放送回数はゴールデンタイム進出後の1997年4月から。

テンプレートを表示

ぐるぐるナインティナインは、1994年4月10日から日本テレビ系列で放送されているバラエティ番組。ナインティナインがメイン司会を務める冠番組

正式タイトルはぐるぐるナインティナインHi-TensionTV-ハイテンションティーィー、通称ぐるナイ。一部のラテ欄ではぐるぐるナイナイ、ぐるぐる99等の表記も見られる。

2007年2月2日放送分からハイビジョン収録を開始。同年7月からはデータ放送を実施している。

概要編集かつてナインティナインが所属出演していた番組吉本印天然素材の後番組として1994年4月10日にスタートしたナインティナイン冠番組である。同じくナインティナインが出演するめちゃ2イケてるッフジテレビ系列とは異なり、原則としてコンビで行動する。なお、ゴールデンタイムの番組として先に始まったのはめちゃイケであるが、現在も続くナインティナインの番組としては本番組の方が先である。

関東ローカル期編集番組開始当初は食べ物を粗末にする場面が放送されることが多く、視聴者からのクレームが相次いで低俗番組と批判されていたが、この傾向はゴールデンタイム移転前まで続いた。

関東ローカル期では銀座7丁目劇場からの公開収録とロケ企画がメインであった。1996年4月の放送時間変更時には17時20分に笑点ならぬ小点としてオープニング部分のパロディを放送した矢部が矢部亭えんらく5代目三遊亭圓楽、岡村が観客のオバちゃんに扮した。日本テレビ第3下見室での収録。1995年10月からTOKIO国分太一がレギュラー出演している当時、国分が出演していたドラマザシェフのパロディコーナーに初登場。当時から体を張った企画に挑戦しており、後のTOKIOのバラエティ路線の原点となっている。また、国分はゴールデンに昇格してからもゴチになりますなどに現在も出演し続けており、番組では最も長くレギュラー出演している。

基本的に関東ローカルではあったが、テレビ新潟や西日本放送など一部地域では同時ネット放送が行われていた地域もあった。また、一部地域に番組販売ネットも行われていた。札幌テレビでは月曜日の24:45から8日遅れで、独立放送局のKBS京都でも放送されていた。

ゴールデンタイム進出全国ネット化編集その後1997年からは金曜19時台に枠移動を行い、それと同時にステレオ放送に移行した。

ゴールデン移動後しばらくは夕方時代の人気企画が放送されていたが、2年目の秋よりグルメチキンレースゴチになりますが始まってからは番組の視聴率も上昇していった。

ゴールデン初期の提供読みは岡村のナレーションが用いられた。

2001年から年末には翌年の平和を願い、年明けの数分後に岡村が自ら炎に突っ込む儀式を行うナイナイの夢と笑いが丸い地球を救うのだを年前の23:00から年明け後の0:53にかけて放送している。また、この儀式に向けての修行の模様はぐるナイ中にて放送されている。この儀式は2004年が最後とされていたが、岡村は続行を希望し結局2005年の年越しも放送されることになった。2006年の大晦日夜9時から深夜にかけてはダウンタウンガキの使いやあらへんでのスペシャルを放送するために番組自体は2007年の年明けに移行され、第57回NHK紅白歌合戦に逆襲出演した。また、2008年以降の年明けはおもしろ荘へいらっしゃいのコーナーのスピンオフ拡大版が放送されている。

現在はゴチになりますと他の企画を中心とし、交互に放送されている。

木曜20時台へ編集放送開始から15周年を迎えた2009年4月6日より平日19時台にて1時間枠の生放送バラエティ番組サプライズがスタートするのに伴い、本番組も同年4月9日より木曜20時台19:58-20:54、放送時間は4分短縮へ移動することが併せて発表された。この件に関しては3月6日の放送で正式に放送時間変更の予告が放送されている。なお、月曜19時台と遅れネットではあるがテレビ大分で初めて本番組がゴールデン枠で放送されるようになる一方で1、これまで同時ネットだったテレビ宮崎では土曜15:30-16:30に放送時間を移動している16日遅れ。

なお、枠移行後の視聴率も同時間帯1位となることが多く、ゴチになります放送時には15以上を推移するなど金曜19時台同様に好調である。特にスペシャル放送では20を超えることがあり、2011年12月29日と2012年1月5日の放送では年を跨いで2週連続で20超えを記録した。

2009年10月よりSUPERSURPRISEの放送時間が2分短縮されるのに伴い本番組の放送時間が2分拡大され、毎週木曜日19:56-20:54に放送時間が変更された。これによりSUPERSURPRISE19002010年4月からとの接続はステブレレスで行うこととなった木曜20時台の番組のステブレレス開始は特番時を除いて史上初。

また、本番組の放送時間の移動に伴い当時ゴチになりますに出演していた船越英一郎テレビ朝日系木曜ミステリーの出演を優先するため、同年4月9日の放送を最後にゴチ-の出演を休止し、同年末ゴチ10最終戦の出演時に準会員となった。なお、翌2010年は岡村が病気療養中だったときに岡村の代理として2度出演している。

出演者編集メイン司会編集ナインティナイン岡村隆史矢部浩之

進行アナウンサー編集羽鳥慎一日本テレビアナウンサー、局アナ当時から出演

夕方時代より相方を愛してるのはどっちだ対決のちの企画クイズぬいぐるみの中からこんにちはの原型など司会進行を多く担当。

ゴチになりますでは実況司会進行と3役を務めるが、羽鳥が他の番組の出演などで同コーナーに途中から出演する場合は上重聡などが代役を務める。

ゴチになりますのコーナーレギュラー出演者編集ゴチ18のメンバー編集この項目では色を扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

名前右の四角はイメージカラー。

岡村隆史ナインティナイン

MC担当パート101215のみ。パート4はクビ、パート11第13戦から第22戦は体調不良のため不参加。

矢部浩之ナインティナイン

MC担当パート1〜91113〜1416〜。パート101215はクビで不参加。

国分太一TOKIO

パート1から参加。

二階堂ふみ

パート17から参加。ゴチ史上最年少初参戦当時21歳3か月かつメンバー初の平成生まれ。

渡辺直美

パート18から参加。

大杉漣

パート18から参加。ゴチ史上最年長加入当時65歳3か月2。

ゴチ以外のコーナーレギュラー出演者編集現在のレギュラー

出川哲朗おもしろ荘へいらっしゃい、金星相撲部

有吉弘行おもしろ荘へいらっしゃい

広瀬アリス金星相撲部不在の時には妹広瀬すずが出演。

渡辺直美金星相撲部

ネルソンズ金星相撲部

広告を非表示にする